FPGAマガジン No.7 サポートWiki

FPGAマガジン No.7で紹介したJPEG DecoderのサポートWikiです。 FPGAマガジンで紹介しきれなかった部分を補完することを主目的としています。 実際にZYBOで動作させるまでの手順は複雑化していますので、問題が発生した場合は[[contact|お問い合わせ先]]まで、ご連絡ください。

ZYBO用 Vivadoプロジェクト

下記のようにgithubからIPCOREとプロジェクトファイルをダウンロードします。

ZYBO用 Vivadoプロジェクトは中身が存在しませんが、IPコアのリポジトリの設定を行っています。 従って、IPCOREと同じディレクトリでダウンロードしてください。

% git clone git://github.com/aquaxis/IPCORE.git
% git clone git://github.com/aquaxis/FPGAMAG.git

論理合成(ZYBO用 Bitファイルの作成)

FPGAMAG/No7/ZYBOの下でVivado 2014.3を起動してください。

下記のようにディレクトリを移動してから、ZYBOのWebページからZYBO_def.zipをダウンロードして、Zipファイルを解凍後、"ZYBO_zynq_dev.xml"をFPGAMAG/No8/ZYBO/の下に置いてください。

% cd FPGAMAG/No7/ZYBO
% unzip ZYBO_def.zip
% vivado

Vivado起動後、次の手順でプロジェクトを合成します。

FSBLの作成

論理合成が完了したvivado上から次の手順でSDKを起動し、FSBLを作成します。

プロジェクトが作成されると、自動的にFSBLがコンパイルされます。

ZYBO用 BOOT.BIN

ZYBO用 BOOT.BINの生成方法を解説します。

BOOT.BINはSD_IMAGEディレクトリで作成します。 SD_IMAGEディレクトリには下記のファイルを収めています。

bootimage.bif mkbootbin.sh u-boot.bin

FSBL.elf、Zybo_wrapper.bitをSD_IMAGEディレクトリにコピーできたら、mkbootbin.shを実行するとBOOT.BINが生成されます。

% ./mkbootbin.sh

SDカードへの書き込み

MicroSDカードの第一パーティションをFAT32でフォーマットし、BOOT.BINをコピーします。 パーティションサイズは100MB程度で構いません。

ZYBOでデバッグ

ZYBOにMicroSDカードを挿れて起動します。