FPGAマガジン No.9 サポートWiki

FPGAマガジン No.9で紹介したZYBOのオーディオCODECのサポートWikiです。 FPGAマガジンで紹介しきれなかった部分を補完することを主目的としています。

ZYBO用 Vivadoプロジェクト

下記のようにgithubからIPCOREとプロジェクトファイルをダウンロードします。

ZYBO用 Vivadoプロジェクトは中身が存在しませんが、IPコアのリポジトリの設定を行っています。 従って、IPCOREと同じディレクトリでダウンロードしてください。

% git clone git://github.com/aquaxis/IPCORE.git
% git clone git://github.com/aquaxis/FPGAMAG.git

論理合成(ZYBO用 Bitファイルの作成)

FPGAMAG/No9/ZYBOの下でVivado 2014.4を起動してください。

下記のようにディレクトリを移動してから、ZYBOのWebページからZYBO_def.zipをダウンロードして、Zipファイルを解凍後、"ZYBO_zynq_dev.xml"をFPGAMAG/No8/ZYBO/の下に置いてください。

% cd FPGAMAG/No9/ZYBO
% unzip ZYBO_def.zip
% vivado

Vivado起動後、次の手順でプロジェクトを合成します。

サンプルソフトウェア

FPGAMAG/No9/Appのディレクトリにサンプルアプリがあります。 ソフトウェアは次のようにコンパイルします。 ソフトウェア内部で使用しているファイル名は固定にしています。 ソフトウェアを実行するには対応しているLinux Kernel、Driverなどが必要になりますので、現状はご参考までとしてください。

% gcc -o audio_i2c audio_i2c.c

SSM2603のレジスタ設定を行うソフトウェア

audio_i2c.c

オーディオを再生するソフトウェア

audio_ctrl.c

ベース変換のソフトウェア

audio_conv.c